採用情報

ホーム > SAP ERPソリューションライブラリ

SAP ERPソリューションライブラリ

h301

SAP ERPを日本で使用する場合、標準の仕様ではカバーされていない日本独自の商習慣については、補完を必要とする機能があります。 ソフテスは、多くの導入プロジェクト実績から必要となるアドオンプログラムを共通化し、「ソフテス標準アドオンプログラム」としてご用意しております。日本独自の商習慣への安定対応や運用の効率化、開発工数の削減などを実現します。

ソリューションツール 一覧

日本独自の商習慣や制度に対応したソリューションをご用意しております。

  • li01
  • li01
  • li01
  • IFRS16号リースソリューション

IFRS16号リースが2019年1月から強制適用となります。

IFRS16号リースでは、ファイナンスリースとオペレーティングリースの区別がなくなり、すべて貸借対照表上に「使用権資産」と「リース負債」を認識します。
従来のリース契約対象に加え、不動産賃貸借契約なども対象になり、さらには日本基準とIFRS基準で使用権資産の金額評価方法が異なるなど影響が大きく、早期対応が必要です。

IFRS16号リースが2019年1月から強制適用となります。

ソフテスの「IFRS16号リース ソリューション」

リース資産管理ソリューション IFRS16号対応版は、リース関連業務の効率と正確性を高める業務改革ツールです。リース契約情報を固定資産マスタに登録することにより、SAP ERP上で一元的に契約管理、物件管理を行うことができます。日本基準とIFRS基準両方に同時対応可能です。

IFRS16号リースソリューション

Web画面での簡易な操作感と統制のとれたワークフローを提供します。ユーザフレンドリーな画面でSAP ERPへの登録・更新・検索・照会ができます。ワークフロー機能により、入力項目の制限のほか、環境に合わせたアクセス管理やワークフロー設計が可能です。現在、会計/人事/営業支援などの各業務領域に最適なソリューションが用意されています。
また、ワークフロー機能を基盤として新規ソリューションを構築することも可能です。

  • li021
  • li022
  • li023

icc

一括登録ツール 一覧

ExcelデータやファイルをSAP ERPへアップロードするだけで、各種マスタの一括更新(登録・変更・削除など)を行います。一括登録に使用するExcelフォーマットの作成ツールが用意されています。SAP ERP導入時だけでなく、税制改正・組織変更・子会社展開・日々の業務など、様々な場面で活用することが可能です。

ph01

ph02

帳票ツール 一覧

標準帳票ではカバーされていない、各社に共通して必要となる帳票を用意しています。

ph03

その他便利ツール 一覧

SAP ERPの操作性を飛躍的に向上させ、業務の効率化を実現します。

ph04

ホーム > SAP ERPソリューションライブラリ

Pagetop