採用情報

ホーム > SAP ERP

SAP ERP

SAP® ERP ― 経営改革基盤 ―意思決定の伴わない情報伝達をすべて自動化するまさに「企業競争力のインフラ」です

資材の調達から売り上げの入金まで、無駄なく最短のリードタイムで完結する業務フロー、そして、市場の変化に最短時間で対応するスピード感のある経営 ──。企業競争力の強化を実現するSAP ERPは、CA(Corporation Automation)そのものです。
意思決定の伴わない情報伝達をすべて自動化する、まさに「企業競争力のインフラ」です。

統合型リアルタイムパッケージ

「ERP(Enterprise Resource Planning)」とは、企業における資源=「人」「もの」「金」「情報」のすべてをリアルタイムに統合して、一元管理を行うという経営コンセプトです。それを実現するために必要とされるのが、調達システム、生産システム、会計システム、販売システム、人事システムなどを統合する優秀なERPパッケージということになります。「意思決定の伴わない情報伝達をすべて自動化する」ことを目的に開発されたSAP ERPは、各種のERPパッケージの中で世界的に普及し、高い信頼があり、さらに飛躍的な成長を遂げているシステムです。

リアルタイム統合 イメージ

標準機能概要

リアルタイムに実現される、「1fact, 1place」

SAP ERPでは、受注から仕入れ、出荷、返品、請求、入金といった事業活動におけるすべての取引を伝票の形で記録していきます。そのデータは、経理部門や製造部門などの関連する業務でも共用され、権限が与えられていれば、それらの伝票を直接照会することが可能です。共通のDBをひとつだけ持つことによって、これまでバラバラに稼働していた各業務システムが、常に「整合性」を維持しながら、「リアルタイム」で連携することが可能になります。

1fact, 1place

ドリルダウンレポート、内部統制、高パフォーマンス

SAP ERPのレポートは、ドリルダウンすることで詳細化され、オリジナル伝票までも遡ることが可能なので、戦略的管理の仕組みによる優位性を確保することができます。また、SAP ERPは、業務面・システム面双方での内部統制管理の強化にも貢献します。取引事実に基づき、正確に、重複なく、漏れなく入力されて保持される仕組みになっており、確定した取引データは勝手に変更できず、変更したときは必ずその変更履歴が記録される仕組みになっています。また、高度なテクノロジーにより、大量のデータを高速で処理することを実現しています。

ドリルダウン

  • combtn01
  • combtn02
ホーム > SAP ERP

Pagetop