採用情報

FAQ よくあるご質問

FAQ検索

FAQ  >  国内の得意先と海外の得意先とで、売上高の勘定を分けたいのですが、どのようにすればよいですか。

国内の得意先と海外の得意先とで、売上高の勘定を分けたいのですが、どのようにすればよいですか。

財務会計とのインターフェースとして、請求伝票保存時に(売掛金/売上高)という仕訳の会計伝票を自動生成する、という機能があります。販売実績の把握、連結会計への対応等を目的に、売上高を得意先ごとに分けることができます。
設定 勘定設定は、以下の項目をキーにして1つの収益勘定コードを決定します。 勘定コード表 販売組織 得意先勘定グループ(得意先マスタ)品目勘定設定グループ(品目マスタ) 勘定キー(価格決定表)従って、ご質問のように国内と海外の得意先とで勘定を分けたい場合には、得意先マスタ(販売エリアデータ)の得意先勘定設定グループに国内と海外とで異なるパラメーターをセットすることで可能となります。関係会社に対する売上高を別勘定にする場合も同様です。また、品目マスタ(販売ビュー)の品目勘定設定グループの利用により、品目のグループごとに勘定設定を分けることも可能です。例えば、品目を商品とサービスとに分類し、それぞれ収益勘定を分けるということも考えられます。このように、柔軟な勘定設定が標準機能として用意してあります。

Related questions

一覧に戻る

Pagetop