採用情報

FAQ よくあるご質問

FAQ検索

FAQ  >  SAP ERP導入においてインターフェース方式を検討しています。
SAP ERPに対するインターフェース方法が多数存在しますが、どの様に選べばよいでしょうか。

SAP ERP導入においてインターフェース方式を検討しています。
SAP ERPに対するインターフェース方法が多数存在しますが、どの様に選べばよいでしょうか。

導入方針・インタフェース対象システムの状況を考慮しながら選択します。ケースバイケースですが、以下の方針が一般的でお勧めです。
① 標準機能活用を最優先にする場合 → SAP ERP標準機能(IDOC等)の利用

② 標準機能では実現できないが、一般的なインターフィースアドオン処理で良い場合 → ソフテス標準アドオンの導入

③ 複雑なインターフェース処理が要求される場合 → お客様固有アドオンプログラムの開発

④ 複雑かつ多数のシステムとのインターフェースが必要な場合 → SAP XI 等のソリューション導入

 

SAP ERP標準機能として、インタフェースの為の機能が用意されています。これらの機能が適合しない場合に備えて、ソフテス標準アドオンプログラムがございます。また、ソフテス標準アドオンプログラムで対応できない個別要件については、専用アドオンプログラムを開発し対応します。また、巨大なサプライチェーンの一環を担う業種等、インタフェース種類・量が膨大な場合は別途インタフェース用のソリューション導入を検討します。

一覧に戻る

Pagetop