採用情報

FAQ よくあるご質問

FAQ検索

FAQ  >  支払転記した伝票の仕訳を取消したく、会計伝票の反対転記を行ったのですが、「伝票には決済明細が登録されています。
反対転記はできません。」というメッセージがでます。どのように処理したらいいでしょうか。

支払転記した伝票の仕訳を取消したく、会計伝票の反対転記を行ったのですが、「伝票には決済明細が登録されています。
反対転記はできません。」というメッセージがでます。どのように処理したらいいでしょうか。

「消込済明細再登録」を行ってください。
消込んだ(決済した)伝票は、直接反対仕訳で取り消すことができません。消込状態にある伝票を、未消込状態に戻す処理「消込済明細再登録」を行ってから反対転記します。

 

例)

<買掛金の計上>

購入部品費/買掛金←伝票番号10000000

買掛金は未消込明細

<支払転記>

買掛金/現金←伝票番号10000001

この伝票で買掛金の未消込明細を消込(消込伝票番号:10000001)

伝票番号10000000と10000001は紐付関係にあります。

 

手順) まず、消込状態にある買掛金明細を未消込状態に戻します。(T-CD:FBRA) 伝票番号10000000と10000001の買掛金明細はそれぞれ未消込明細になります。その上で、伝票番号10000001を反対仕訳します。

Memo

T-CD:FBRAのトランザクションの実行画面で、同時に反対仕訳伝票を登録することができます。

Related questions

一覧に戻る

Pagetop