採用情報

FAQ よくあるご質問

FAQ検索

FAQ  >  固定資産の減価償却について、例えば、建物について会計上は定率法、税務上は定額法、
というように1つの資産に対して複数の償却計算をすることはできますか。

固定資産の減価償却について、例えば、建物について会計上は定率法、税務上は定額法、
というように1つの資産に対して複数の償却計算をすることはできますか。

SAP ERPでは、1つの固定資産に対し複数の償却計算をすることが可能です。例えば、以下のような登録が可能です。
建物 取得価額 10,000,000円

会計用償却 耐用年数 45年 償却方法 定率法

税務用償却 耐用年数 45年 償却方法 定額法

管理用償却 耐用年数 20年 償却方法 定率法

上記の3つの償却計算(「償却領域」といいます)のうち、会計用償却の結果が実際に財務会計に伝票が起票されます。よって、会計用償却は必須です。他の償却領域は情報目的として計算されるものであり、必要に応じ複数設定することができます。 これら各償却領域毎、各会計期間毎の償却費の比較一覧等を照会することができます。

Related questions

一覧に戻る

Pagetop