採用情報

FAQ よくあるご質問

FAQ検索

FAQ  >  会計伝票の番号に関して、年度が変わった際に前年度の番号を引き継ぐのではなく、
若い番号からスタートさせるためにはどのような設定が必要なのでしょうか。

会計伝票の番号に関して、年度が変わった際に前年度の番号を引き継ぐのではなく、
若い番号からスタートさせるためにはどのような設定が必要なのでしょうか。

伝票番号範囲設定のカスタマイズで設定します。
「IMG⇒財務会計⇒財務会計共通設定⇒伝票⇒伝票番号範囲⇒定義:伝票番号範囲」、ここで会計年度と番号範囲が設定できますが、例えば各番号範囲ごとの会計年度が1998,1999,2000,9999となっている場合、1998年から 2000年までは各年度ごとの番号範囲が使用されます。しかし2001年度は専用の番号範囲がないので9999年の番号範囲が使用されます。2002年度も同様で9999年の番号範囲が使われてしまい、年度が変わっても実際は2001年度の番号を引き継ぐことになります。以下の設定で若い番号からスタートさせることができます。

「IMG⇒財務会計⇒財務会計共通設定⇒伝票⇒ 伝票番号範囲⇒会計年度にコピー 画面入力 会社:####(対象となる会社コードを入力) 番号:#### (対象となる番号範囲番号を入力) 元年度:2000 先年度:2002」これで今時点から若い番号でスタートします。 2002年はそのままで、2003年からの場合は先年度:2003 としてください。忘れやすい設定なので、2004・2005・2006・・・・・・ と登録しておく方法もあります。

Related questions

一覧に戻る

Pagetop