Column

ホーム  >  コラム  >  第90回「分からないこと」

ソフテスコラム

第90回「分からないこと」

 

ポケモンGOが、日本でもリリースされました。即刻どんなものかトライです。3日だけやってみました。3日目の夜飽きがきて消去しました。何にも興味を持ち、ちょっと聞きかじってみたい。興味が持てたらとことん調べてみたい。興味を失うと突然関心を示さなくなる。わたくし、何事も自己中心的B型です。

男女関係の相性ではなく、職場での上下関係の相性、仕事人としての得意、不得意を見てきた中で、血液型によってその特徴があることが分かってきました。

 

B型はO型の上司に弱く、幅広く情報を取り込むことができ、より完成度を高めようと道草を食う。A型はB型の上司に弱く、周りの同意を得ながら、何事も順序良く事を進めることができ安心して任せられる。O型はA型の上司に弱く、人付き合いが良く、意思決定は大胆で、仕事の推進力は抜群。AB型は何型の上司に弱いのか掴めていませんがクールかつ天才肌で物事を合理的にそつなく処理でき、質の高い仕事ができる。などなどそれぞれの特徴が分かってくると、上下関係の組み合わせが最悪で苦しんでいる人を助けたり、そうした事態が生じないよう人材配置できます。また、どの血液型の人でも、得意とすることと、不得手のことがあります。これによって人を差別するのではなく、良い点を生かせるような仕事をしてもらい、不得手なことについては日頃から考慮してあげることが肝要です。

 

こんなことを書くと必ずや、血液型と性格は関係がない、科学的に証明されていないなどと言われるでしょうね。これまでの仕事の経験の中で身をもって把握してきたことです。大局的には間違ってはいないだろうと思います。ガリレオが宗教裁判で「それでも地球は回っている」と言ったという話は有名です。天動説が主流を占めていた時代に地動説を唱え、宗教裁判にかけられた話です。当時は地動説を明快に証明できない時代であったことから生じた間違いです。証明できないことはありえないのではなく、現実に起こっていることも尊重すべきでしょうね。火の玉、幽霊、予感、気功などは証明できないけれど、実在するのではないかと思われる事象はいろいろあります。いつかは証明されるのではないでしょうか?

 

血液型、それぞれの得意、不得手を理解して、皆が分け隔てなく快適に仕事ができるように配慮すること、これが大事なことです。変に人を差別するようなことに使わぬことですね。勿論、採用の合否に使うようなことは全くありませんから応募される方は安心してください。

 

 

2016年8月17日 株式会社ソフテス 取締役会長 鈴木 忠雄

 

 

Pagetop