Column

ホーム  >  コラム  >  第101回「原子力発電所」

ソフテスコラム

第101回「原子力発電所」

先日機会あって中部電力の浜岡原子力発電所を見学することができました。浜岡原子力発電所は、中部電力の唯一の原発で、1号機から5号機まであります。1、2号機は既に運転を中止しており、現役の3基の総出力は360万kwで、国内で5番目の出力を備えております。各地の原発と同じように再稼働を目指して熱心に信頼性向上に取り組んでいます。

 

なかでも津波対策の防波壁の構築は圧巻です。コンクリートでがちがちに固められた高さ15m、地中構造10m~30m、厚さ2mの壁が発電所を取り囲むように設けられています。重量感に溢れ、その存在感に圧倒されます。防波壁は災害対策の一部でしかなく、ディーゼル発電機、ガスタービン発電機、蓄電池、更には電源車やポンプ車のラインナップ、何十万トンの冷却水を蓄える貯水タンクなどなど、平時では使われない施設が二重三重に整えられています。

 

東日本大震災によって露見した日本の原子力発電所の脆弱性、その問題点に対してつぎはぎだらけでの対策で心もとない限りです。完成度の高い設計の施設ならスマートな構造で済むはずです。狭い日本の国土の中で放射能汚染を発生させたら人の住むところが無くなってしまします。広い国土を有するロシアやアメリカとはその深刻さの程度は大きく異なります。一段と高いレベルの設計に基づいた施設であるべきです。

 

自動車を普通に走らせている時に、ハンドルを左右どちらかへ動かし(外乱)、手を放すとハンドルはすぐ元に戻り車は直進状態に戻ります。船でも飛行機でも同じように安定して航行することができます(安定性)。一方、ちょっとした外乱が加わると元に戻らずどんどんあらぬ方向に行ってしまうような状態を不安定性と言います。ヘリコプターやセグウェイのようなものは、人やコンピュータが外部から継続的に操作・制御することで安定性を実現します。

 

半球状のボウルにビー玉を投入するとビー玉はボウルの中を行ったり来たりしながらボウルの底に定着し安定します。反対にボウルを裏返してその上にビー玉を乗せるとビー玉は外周へ落ちて行ってしまいます。前者が安定性、後者が不安定性です。原発は不安定性の最たるものです。重厚長大な設備やコンピュータ、さらには人による安定性を保とうとする努力によって、原子炉は安定性を保っています。外乱により制御が効かなくなった場合には、自然に安定状態に落ち着く新型原子力発電所の出現を期待したいですね。

 

貴方のご家庭の安定性は如何でしょうか?それとも不安定性の状態ですか?安定性を保つために日夜努力して安定性を保っていらっしゃる?そちらのカップルは、安定性は如何ですか?オシドリのようにいつも寄り添い安定感抜群ですか?人と人とが寄り添う集団は、油断して気を緩めていると、突然不安定性の状態に陥ります。

 

気を付けましょうね。紫のクレマチスの花が五月の柔らかい風に気持ちよさげに揺れています。

まもなく暑い夏が訪れます。

 

2018年6月5日 株式会社ソフテス 取締役会長 鈴木 忠雄

Pagetop